大阪市中央区島之内1-21-24 ファーストKビル2F 201

09-6258-2510

保険診療は、柔道整復(整骨院)の保険適応である打撲、ねんざ、挫傷などの急性外傷症状のみとさせていただきます。

肩こりや慢性腰痛、五十肩などは整骨院では保険適応外(法的な決まり)となります。
適応例としては、

『2日前、風呂場で足を滑らせ転び手を床に突いて手首を捻り、転倒の衝撃で腰を捻り負傷』
など、いつ(急性なので1週間以内など)、どこで(職場や通勤中は労災適応)、何をして、どうなりどこを負傷したか、という理由が必ず必要となります。(保険組合に提出)
このような負傷原因が無い場合や慢性症状については、法に基づき完全自費診療になりますことをご了承ください。
治療方針は患者さんの症状やご希望をお聞きし担当スタッフが治療内容や方針をご提案させていただきます。

また当院の施術は『治す』をコンセプトにおこなっております。
保険診療は一度の施術にかけられる時間や内容に大幅な制限があり、
満足な施術を行うことができません。
その原因は、骨盤や背骨のゆがみが原因で筋肉やじん帯などの組織に負担がかかり続けているかもしれません。
当院は症状を根治させるために、保険診療だけではなく
身体の基礎である骨盤や背骨の調整(自費診療)を含めての施術とさせて頂きます。

                                                                                                                                                                                                                                                                       
施術料
初診料1,000円
再見料1,000円
※最終施術日より1か月経過の場合
保険負担
1割+矯正
2,400円
(保険施術200円+自費施術2200円)
保険負担
2割+矯正
2,600円
(保険施術400円+自費施術2200円)
保険負担
3割+矯正
2,800円
(保険施術600円+自費施術2200円)

上記の料金にはりきゅう局所治療併用の場合
はり(局所治療)+1,200円

保険診療+はりきゅう治療
局所治療 保険負担 + 2,400円

※鍼灸について詳しい内容、はりきゅう施術のみや全身施術ご希望の場合は、はりきゅう施術のページをご覧ください。

健康保険取り扱いの現状について

現在日本では国民皆保険制度のもとで、全ての国民が国民健康保険、共済保険、組合保険のいずれかに加入し、
毎月保険料を納めています。この保険制度のおかげで、病気やけがをした際に、『誰でも』『いつでも』『どこでも』保険による医療が受けられるようになりました。近年、少子高齢化が進行したことによる経済成長の縮小、税収の伸び悩み、それに反して増加し続ける医療費が問題となっています。
現在では、国も組合等も増加し続ける医療費によって財政が圧迫され、多額の赤字を抱えるようになっています。
これを受けて、医師、歯科医師、柔道整復師(整骨院の先生の事)、鍼灸師が申請する保険申請の審査が大変厳しくなってきました。
今後、右肩上がりの経済成長を見込めない状況では、何らかの効果的な施策を打ち出さない限り、国民皆保険制度の維持すらも困難になるかもしれないと予測されています。
このような状況の中で整骨院は、以前のように保険のみで診療できる時代ではなくなってきました。
近年、治療費を安く抑えたいという希望がある方がいらっしゃる反面、金額ではなく、質の高さを求める方が増えています。
治癒までの時間とお金を総合的に考えた時、どちらがあなたにとってメリットがあるのでしょう?
様々な治療院がある中で、あなたには良い選択をしてほしいと思っています。

各種クレジットカードご利用可能

クレジットカード

topへもどる