大阪市中央区島之内1-21-24 ファーストKビル2F 201

09-6258-2510

ブログ

タイプ別!夏バテ解消3パターン

こんにちは。

東心斎橋整骨院・はりきゅう院副院長の黒岩です。

 

本日のテーマは前回に続き夏バテです。

前回の投稿も是非読んでみてください⇩

https://bit.ly/3yDUMis

 

 

夏バテははっきりとした病名も無く

 

不定愁訴の範囲で

 

『身体がダルい・疲れやすい・

 

食欲が無い・ヤル気が出ない』

 

という症状が起こることを言います。

 

 

東洋医学は不定愁訴に対する施術も

 

得意としており、

 

夏バテは主に

 

『脾や胃の疲れ』

 

が関係します。

 

 

夏バテで起こる症状もさまざまですが

 

夏バテのタイプは大きく分けて3つあり、

 

①気虚

②陰虚

③湿邪

 

です。

 

 

①気虚

暑さによって気が消耗され

 

体力の低下や食欲不振が見られ

 

食欲が低下することにより

 

身体のエネルギーが低下する夏バテです。

 

主な症状

元気がない、食欲低下、だるい、

夏に風邪を引きやすい、めまい

 

対策

しっかりとバランスの良い食事や

睡眠をとり適度な運動で体力をつける

 

 

②陰虚

暑さで大量の汗をかき

 

身体の水分を失い

 

脱水症状のような状態の夏バテです。

 

津液を失っている状態で

 

身体を潤したり熱を下げることが

 

できなくなります。

 

主な症状

喉の乾き、のぼせ、ほてり、イライラ、不眠症

 

対策

炎天下での長時間の活動を避け

水分をしっかりと補給しストレスを貯めない

 

 

③湿邪

冷たい飲み物や食べ物の摂り過ぎで

 

胃腸の消化吸収や水分代謝が悪くなり

 

余計な水分が身体に溜まっている状態の夏バテです。

 

主な症状

むくみ、下痢、だるさ、めまい、夏太り

 

対策

冷房により冷やしすぎず

冷たい飲み物食べ物を避ける

適度な運動で汗をかき身体を温める

 

 

 

夏バテの鍼灸治療では

 

食欲不振や体力低下に良い

 

『足三里』

 

湿邪を取り除く

 

『陰陵泉』

 

冷え性に良い

 

『三陰交』

 

 

 

下痢や体力UPに良い

 

『関元』

 

 

 

 

精の気がくださいツボ

 

『湧泉』

 

 

などにお灸や鍼を施し

 

脾胃の向上やそれぞれのタイプに対応します。

 

 

冷たい物を摂り過ぎず、

 

規則正しい生活で睡眠をしっかりとり、

 

適度に運動し適度に汗をかくことが

 

夏バテの最大の対策でもあり予防です。

 

まだまだ続く暑い夏を楽しむ為にも

 

しっかり夏バテ無く過ごしていきましょう!

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございましたm(_ _)m

 

はり治療 不眠 便秘 冷え性 夏バテ 無痛整体 眼精疲労 肩こり 自律神経 頭痛 食欲不振2021年8月10日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

topへもどる