大阪市中央区島之内1-21-24 ファーストKビル2F 201

     

06-6258-2510

ブログ

女性の7割が悩む【冷え性】放っておくと免疫力の低下に!?

こんにちは。

東心斎橋整骨院・はりきゅう院副院長の黒岩です。

 

女性で7割、男性で4割の方が

 

冷え性を感じたことがある程

 

冷え性で悩まれている方は多く

 

これからの夏の時期は

 

より一層冷房等で身体が冷えやすくなる為

 

冷え性で悩まれる方が増えると思います。

 

 

そこで今回のテーマは【冷え性】です。

 

冷え性もいくつかのタイプに

 

分類されるのですが、

 

・末端が冷えるタイプ

 

・下半身が冷えるタイプ

 

・ホルモンバランスタイプ

 

・内臓の冷えタイプ

 

・自律神経の乱れタイプ

 

などがあります。

 

 

他にも皮膚感覚の異常や血液循環の悪化、

 

筋肉量の少なさなど人それぞれ

 

冷え方なども違います。

 

 

 

冷え性とは

 

血液の流れが悪く毛細血管へ

 

温かい血液が流れず血管が収縮し

 

手足などが冷えてしまう状態です。

 

 

気温が寒い時期だけでなく

 

真夏でも冷え性は出ます。

 

それは日々の生活習慣が

 

大きく関係するからです。

 

冷え性の大きな原因としては

 

①自律神経の乱れ

 

②血行不良

 

③筋肉の不足

 

などがあげられます。

 

 

 

①自律神経の乱れ

 

自律神経の役割の1つに

 

体温調節が有ります。

 

暑くなると血管を広げ

 

寒くなると血管を縮めて

 

体温を逃さないようにします。

 

 

しかし天気の変化やストレス、

 

冷暖房が整い過ぎた現代では

 

暑い・寒いの感覚が麻痺し、

 

体温調節機能が上手く働かなくなり、

 

冷えが起こります。

 

 

 

②血行不良

 

血液は酸素や栄養素を全身に運んで

 

体温を一定に保っているため

 

血行が悪くなると手足の先など

 

末端に血液がいかずに

 

冷えが起こってきます。

 

 

 

低血圧の方は血液を送り出す力が不足してたり、

 

デスクワークなど長時間同じ姿勢で

 

血行不良になるなども原因の1つです。

 

 

 

③筋肉量の不足

 

女性は男性に比べると、

 

筋肉量が少なく熱を作る力が

 

弱いのも原因の1つです。

 

 

運動不足の方も同様に

 

筋肉量が少ない男性にも

 

冷えは起こります。

 

 

さらに女性は更年期や月経などで

 

ホルモンの乱れや血液の不足も有り

 

男性に比べると冷えやすくなります。

 

 

 

『冷え』『万病のもと』

 

とも言われ、

 

身体が冷える事で様々な不具合や

 

病気も起こり得ます。

 

 

 

 

今の世の中では

 

【免疫力】というワードが

 

特に様々な場所で耳にしますが、

 

自分の身体を守る為にも

 

免疫力を上げることは

 

とても重要です。

 

 

冷えは免疫力を

 

低下させる原因となります。

 

 

 

『体温が1℃下がると

 

免疫力は30%低下する』

 

 

と言われていて、

 

冷える→血行不良→免疫力が下がる

 

という悪循環が起こります。

 

 

 

冷え性の予防方法は

 

・適度な運動

 

・身体を温める

 

・食べ物の改善

 

です。

 

 

 

 

適度な運動は代謝を上げ、

 

筋肉量の増加やストレス解消、

 

健康増進にも繋がります。

 

 

 

 

身体を温めるのに

 

入浴が最も有効で、

 

38℃〜40℃ぐらいでの入浴で

 

少し長めに浸かると

 

副交感神経が優位に働き

 

リラックスでき、

 

血管が拡がり血行が良くなります。

 

 

食べ物は生姜などは温めるのに有効ですが、

 

身体を冷やす砂糖や合成甘味料を

 

減らすことを心掛けましょう。

 

 

後は冷たい飲み物を極力避け、

 

内臓の冷えを防ぐ事で

 

冷え性の改善に繋がります。

 

 

 

急な激しい運動はケガをしたり

 

気持ちの持続も難しい為、

 

少しずつ始めることを

 

オススメします。

 

 

 

冷え性にお悩みの方は

 

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

 

 

 

 

未分類 はり治療 むくみ ホルモン 冷え性 自律神経2021年7月13日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

topへもどる