むち打ち治療・交通事故治療は大阪「東心斎橋整体院・はりきゅう院」

土曜も診察

木日祝は休診

受付時間

月火水金 10:00~21:00
土曜 10:00~18:00

電話

電話

メール

メール

東心斎橋整骨院ブログ

東心斎橋整骨院ブログ

任意保険の内容3 人身傷害補償保険

こんにちは、院長の韓です。

暑中お見舞い申し上げます。

本日も晴天で、とても暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか?

熱中症が多発しておりますので、お気お付けくださいね。

それでは本日は「人身障害補償保険」についてお話していきます。

人身障害補償保険というのは、契約している車に乗っている搭乗者が、自動車事故でケガや後遺障害を負ったり死亡したり場合に、契約の保険金額の範囲内で実際の損害額が支払われる、「実損払い」の保険になります。

人身傷害補償保険では自分自身の過失分も含めて、入院・通院した治療日数に関わらず、契約した保険金額の範囲内で、実際にかかった治療費用や休業補償、慰謝料などを、全額補償してもらえる保険です。

また、人身傷害補償保険は契約車両に乗っている時だけでなく、被保険者とその家族は、契約車両以外の車(知人の車等)に乗っているときの事故や、歩行中の自動車事故により死傷した場合等も補償の対象になります。
例えば、交通事故を起こして重症を負ってしまい、1000万円の損害が出たとして、
自分の過失が4割で相手の過失が6割だった場合、相手の対人賠償保険からは過失割合6割の600万円が支払われるだけで、残りの400万円は自己負担になってしまいます。

人身傷害補償保険に加入していれば、こういった場合でも自己負担額の400万円を受け取ることができるので、損害の全額を保険でまかなう事ができるんです。

もし、この事故が自分の過失が100%で、相手の過失が0だった場合は相手の対人賠償保険からは1円も保険金が支払われないので全額1000万が自己負担になりますが、こういった場合でも、人身傷害補償保険に加入していれば、全額の1000万円が支払われるのです。

また、相手が任意保険に加入していない無保険者の場合、自賠責保険の範囲でしか補償してもらえない可能性が高いですが、そういった場合でも不足分を全額補償してもらえます。

そして通常は相手方と示談が成立しないと保険金を受け取れませんが、人身傷害補償保険の場合は、示談の成立前でも保険金を受け取ることができるというメリットもありますよ。

人身傷害補償保険は自分の過失に関わらず、実際に治療にかかった費用の支払いがあり、さらに補償範囲の広さからまさに完全補償といってもよく、とても安心感がある保険なのです。

毎月支払う保険料が高めになってしまいますが、安心のためにこの保険は必ず入っておいた方が良いでしょう。

それでは続きはまた次回に、

では(^-^)

任意保険の内容2015年7月27日