大阪市中央区島之内1-21-24 ファーストKビル2F 201

     

06-6258-2510

ブログ

腱鞘炎の治療

こんにちは。

東心斎橋整骨院・はりきゅう院副院長の黒岩です。

 

本日のテーマは前回お伝えした

【腱鞘炎に効くツボ】の続きで

腱鞘炎治療の紹介です。

前回の投稿も是非読んでみてください⇩
https://wp.me/p6IkvI-ig

 

 

40代男性、

 

ゴルフのラウンド中に

 

右手首の親指側に痛みが出だし

 

その後も親指や手首を動かす際の

 

痛みが増し当院へ来院。

 

 

元々お仕事柄重たい物を持ったり

 

長時間の運転、お子さんを抱っこするなど

 

手を使うことが多い患者さん。

 

 

患者さんのご希望で鍼治療にて施術しました。

 

 

10番鍼(0.34㎜)を使用し

 

右手首や母指付近への刺鍼。

 

 

腱鞘炎は局所だけではなく

 

前腕の筋肉にも緊張が必ずある為

 

前腕部、そして生活習慣から

 

首や肩の緊張も顕著でそちらも鍼にて刺鍼。

 

 

 

次の日患者さんから

 

その後の報告を頂きました。

 

刺激はしっかりと入れていて

 

久し振りの鍼治療ということもあり、

 

重さは残りましたが痛みが引いていて

 

良かったです^^

 

 

腱鞘炎や手首の痛みは

 

放っておくと悪化し生活が不便になり

 

他の場所にも痛みが出るなど

 

悪循環が起こります。

 

お早めの施術が有効ですので、

 

お悩みの方はお気軽に

 

東心斎橋整骨院・鍼灸院へ

 

ご相談ください。

 

 

 

最後までお読み頂き
ありがとうございましたm(_ _)m

 

 

 

 

ぎっくり腰 はり治療 心斎橋 接骨院 整体 整骨院 肩こり 腱鞘炎 長堀橋 骨盤矯正2021年10月13日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

topへもどる